ender3 skr mini E3 v2 on klipper

mainsailosをラズパイ3Bにインストール。

~/klipper/make menuconfig

で、上の画面の通り設定する。特に!PA14のところはV2特有かと思われる。V3 V1は違う値になる。

makeする

klipper.binをSDカードに入れてskr mini e3 v2のファームを書き換える。

firmware.binにリネームしてender3の電源を入れる。

1-2分待ってから電源を入れなおす。

USBでラズパイとつなぐ。USBケーブルはskr mini e3 v2に付属のものでよい。M

ppp@ender3:~/klipper/config $ cp generic-bigtreetech-skr-mini-e3-v2.0.cfg ~/printer.cfg

printer.cfgをダウンロードしておく。ttsshからscpしておけばよい。

printer.cfgの書き換え

[include mainsail.cfg]
[mcu]
serial: /dev/serial/by-id/usb-Klipper_stm32f103xe_30FFD8054656393137840557-if00

シリアルのところはls等で確認してから実際の値を書いておく。

ブラウザでラズパイにつなぐ。

printer.cfgのアップロード

日本語化だけしておくとよい。

ファームウェア再起動

スライサーから出したgcodeを入れてテスト印刷。

Klipperでのペーパーレベリング

コンソールでG28 (ホーム位置に戻す)

ツールベッドのエンジンみたいなアイコンをクリックしてステッパーロック解除

あとはネジで手動レベリング。

nas組んだ

メモ

プール作成

raidz2で圧縮オン、タイムスタンプオフ、recsize 1Mを入れる。

sudo zpool create -O compress=zstd -O atime=off -O recsize=1m tank raidz2 sda sdb sdc sdd sde sdf sdg sdh

データセット作成

zfs create tank/share

3Dプリンタ買った

モノはCreality Ender3で、セールとかで2万位になってるらしい。価格は最低ラインながら、結構いい感じにプリントできるスタンダード機とのこと。

https://store.creality.com/jp/products/ender-3-3d-printer-4za7

新古品を16,000円ほどでゲットできました。

組み立て 説明書が分かりづらく、公式サイトの動画を見てなんとかクリアした。

冷却ファンが3つほど搭載されており、いずれもとてもうるさい。20-30dbくらいだと思う。このEnder3、数が出ており改造して使っている人もたくさんいる。当然ファン交換しているひとも多く、真似させてもらった。交換したのは以下の3つ。

作動音

  • 電源ファン 120mmファンを取り付けるマウンタの3Dデータがあったのでプリントして取り付けた。
  • ノズル冷却ファン 40mm静音ファンに交換した。
  • システムボードファン いくつか熱いチップあるけどファンレスでも良い気がしてしまった。試しにファンレスで動かしてみる。

Windows11 でNVMe SSDのランダムライト Q32T16 が遅い対策

実用上は全く問題ないのだけど。ライダムライトQ32T16の数値が半分くらいになっていることに気づいてしまった。Windows10だとQ32T16の値はほぼ倍になっているらしい。Windows10時代のことなんか忘れてしまっている。いつから発生してるの?ってことだけどどうやら最初かららしい。なにそれ。

 

あと1点気づいた。C Fドライブは遅くなってるのにE Hドライブは遅くなってない。めちゃくちゃだった。

 

Hynix P41 Platinum 2TB Cドライブ

 

KLEVV CRAS C720 2TB Hドライブ